認定経営革新等支援機関町田市・相模原市のマトリックス税理士事務所

0428607457
ブログ

税理士こそが経営コンサルティングをやるべき理由

こんばんは、

 

マトリックス町田相模原税理士事務所の平井です。

 

誰にも内緒で税理士やってます。

 

皆さんはゴールデンウィークいかがお過ごしですか?

 

私は最近ヤクネバにハマっています

 

ヤクヒロでは無いですよ、お間違いのないように

 

ヤクネバです

 

大学の同級生に話したらやっぱりヤクネバに大絶賛でした

 

これまた大学の同級生に一人だけヤクヒロのファンがいたのですが

 

今はもうヤクヒロのファンはめっきり聞きませんね

 

皆さんの周りでもヤクネバにハマっている人がいたら是非教えてください

 

ちなみにヤクヒロは薬丸裕英でのことではないですからね

 

だって薬丸裕英はヤックンでしょ?

 

だからぁ、薬師丸ひろ子でもないですよ

 

だって薬師丸ひろ子は、ひろ子ちゃん、ひろ子さま、ピロピロちゃんのどれかでしょ?

 

万が一ですがヤクヒロが誰かわからない場合は直接平井まで連絡下さい

 

さて本題です

 

弊社ではどこの税理士事務所よりも経営コンサルティングに力を入れていると自負しております

 

ではなぜ、税理士事務所が経営コンサルティングに力を入れる必要があるのか?

 

税理士は会計や税務面で経営をサポートすればいいのではないか

 

本当に税理士は経営コンサルティングに向いているのか?

 

答えはYESです

 

向いている理由

1、数字のプロフェッショナルである

・経営を語るうえで数字を抜きに語れない

・数字は決算書に書かれている

・その決算書はほとんどの場合、税理士が作っている

・決算書を理解するには実務・学習と多くの時間を必要とする

・税理士は実務・学習共に多くの時間を費やしている

・財務コンサルを行う場合、決算書から数字を引用する

・数時間講習を受けただけの人が財務コンサルを名のりセミナーしている

・つまり決算書を作ったことのない人が財務コンサルをやっている

・勘定科目の中身もみない(見ても理解できない)

・皆さんは決算書を作成したことのない方に財務コンサルを受けたいですか?

・私なら絶対に受けません

・決算書の作成者が中身も理解したうえで財務コンサルティングを行うべきである

ということで税理士が経営コンサルティングに向いている理由、その1です

(※弊社の主観であり個人差がございますのでご了承ください)

 

 

今回はこの辺で終わりにします

 

次回は、税理士こそが経営コンサルティングをやるべき理由の続きです

 

またマトリックス町田相模原税理士事務所に税金の相談をしてみたい方、経営コンサルティングの相談をしてみたい方は遠慮なく弊社までご連絡ください

 

電話:042-860-7457

 

町田市、相模原市に限らず八王子市、座間市、青葉区、海老名市、横浜市、川崎市、綾瀬市、厚木市、東京全域、神奈川全域、その他遠方の方も対応させていただきます

 

ホームページ見たで初回相談無料です

 

 

PCサイトスマートフォンサイト
閉じる