認定経営革新等支援機関町田市・相模原市のマトリックス税理士事務所

05068657871
ブログ

町田、相模原のコンサル税理士が教える簿記の基礎知識 パート2

皆さんこんにちは

コンサル税理士の平井です

東京都町田市、神奈川県相模原市周辺で売上アップや業績アップ専門のコーチングをしています

 

 

以前の投稿で簿記の基礎知識についておさらいしました

本日は簿記の基礎知識第2弾ということで複式簿記について深堀していきます

 

複式簿記を書くにあたり押さえておくべきポイントは「二面」「仕訳」です

 

二面とは「借方」「貸方」のことで、

借方は表の左側に、貸方は表の右側に記入していきます

 

そして取引内容を借方(左側)と貸方(右側)のどちら側に書くのかを振り分けていくことが仕訳です

仕訳のルールとして大切な要素として、「資産」「費用」「負債」「資本(純資産)」「収益」の5つがあります

 

資産・費用が増える負債・資本・収益が減るときは借方に記載し、

負債・資本・収益が増える資産・費用が減るときは貸方に記載します

 

借方と貸方について深く考えると混乱する方が多発します

早く複式簿記をマスターするには単純に上のルールに則って記載していくのがいいでしょう◎

 

さて、基本的なルールだけ見ても複雑だと分かるこの複式簿記ですが、これをマスターすることによってどんなメリットがあるのか、、、

それはずばり青色申告の特別控除です

 

確定申告を行う際、白色申告と青色申告の二つの申告制度がありますが、

青色申告の条件の一つとして複式簿記があります

青色申告は白色申告に比べて手続きや作成に手間がかかりますが、その分メリットも多くあります

 

事業を行う者にとって逃れられない確定申告、

青色申告で様々な特典をゲットすべく、ぜひとも複式簿記をマスターしましょう!

 

 

今回のブログが少しでも役に立った、もっといろんな知識をつけてみたいという方はぜひお気に入り、ブックマーク登録をお願いします

 

 

簿記について平井に直接教えて欲しい!

節税についても直接平井に聞いてみたい!

業績アップ、売上アップについてもじっくり平井から聞いてみたい!

そんな方もマトリックス町田相模原税理士事務所のお問い合わせフォームより

無料相談をお申し込みください

対応エリアは

町田市、相模原市南区、相模原市中央区、相模原市緑区、横浜市、川崎市、大和市、八王子市、

厚木市、綾瀬市、日野市、23区、東京全域、神奈川県全域、関東全域、大阪府、兵庫県、日本全域

遠方の方で対面の相談をご希望の方には交通費の支給をお願いする場合があります

ご了承ください

 

では皆様のご連絡お待ちしています

 

PCサイトスマートフォンサイト
閉じる