認定経営革新等支援機関町田市・相模原市のマトリックス税理士事務所

0428607457
ブログ

町田・相模原の税理士が教える確定申告、建物の取得価額編

こんばんは、

税理士の平井です

町田市、相模原市地域で税理士をやっています

税理士ですが経営コンサルティング、業績アップコーチングがメインです

売上アップ、業績アップに興味がある方はご相談ください

さて、困っています

舌平目の調理方法をムニエルしか知りません

しかもムニエルをよく知りません

かといって舌平目を入手したわけでもありません

ムニエルが先か舌平目が先か、卵が先か鶏が先か、相武紗季か長瀬智也か

確定申告最終日までには解決するつもりです

そして本題です

確定申告真っただ中、

去年家を売ったけどどうしたらいいの問題が全国で起きているでしょう

そんな人は

まずは譲渡した家を買った時の売買契約書を探してください

そこには建物と土地の購入代金が記載されていると思います

えっ?土地がいくらで建物がいくらか記載がない

じゃあ消費税の金額が書かれているのを見つけてください

その消費税は建物分の消費税です

えっ、消費税が書かれていない

そうなるともう

絶望、失望、なにをくすぶってんだ!です

そんな時は時価で建物と土地を分けてください

ちょっと待った

時価って何よ?

では一番簡単に土地と建物の分け方を覚えましょう

まずは国税が作成している

譲渡所得の申告のしかた

を税務署でもらうかネットで入手してください

そして建物の標準的な建築価額表のページを見つけてください

今年ですと41ページに記載があります

建物の標準的な建築価額表は

1平米の建物の価額が建築年と構造ごとに分かれて記載されており

例えば

売買契約書に購入が平成2年、50,000,000円で購入、木造、100平米と書かれている

でも土地と建物の区分が記載されていないとしましょう

そんな場合は

建物の標準的な建築価額表の平成二年、木造欄をみると131.7と書かれています

これは平成二年に建築された木造建築の1平米の建築価額が131,700円ということです

そうするとこの建物は100平米なので

131,700円×100平米で13,170,000円が建物価額

50,000,000から13,170,000を引いた36,830,000円が

土地の価額となります

いかがですか?

これなら皆さんもできるのではないでしょうか?

ちょっと自分には難しいかな

自分の場合はどうなるかな

直接平井に聞いてみたいな

そんな方は今すぐ

042-860-7457

マトリックス町田相模原税理士事務所へ

初回60分相談無料

対応エリア

町田市、相模原市、緑区、南区、中央区、八王子市、大和市、座間市、海老名市、厚木市

川崎市、横浜市、23区、東京全域、神奈川全域、なんなら日本全国どこでもいきます

 

 

 

 

 

 

町田、相模原の税理士が教える売上アップの方法、ビジョンは必要か編

こんばんは

税理士の平井です

業績アップコーチの登録申請中です

税理士ですがコンサル中心の生活をしています

現在確定申告真っただ中ですが

今回は所得税の話ではなく売上アップ、業績アップの話です

さて業績アップコーチというくらいですから、売上も上げていきます

その中でよく聞かれののが

業績アップ、売上アップにはビジョンの設定が必要ですか?

そもそもビジョンの設定って必要なんですか?

ここで問題です

ビジョンのない人っているんですか?

ビジョンって言い方をするからビジネスっぽく聞こえて難しいですが

この先楽したい?

給料いくら欲しい?

もビジョンですよね

ただそれを上手くビジネス風に言語化したのがビジョンのような気がします

つまり上手く将来像が言語化されていないと

業績は上がらないのか?

売上は上がらないのか?

ということですね

別になくても上がりますよね

ただし、きっちりビジョンが設定できる人は

コーチやコンサルがついている可能性があり

意識が高いから、より売上アップ、業績アップにつながりやすいと思います

なので可能性でいうと

きっちり将来像を言語化で来ている人は、

計画性があり

ビジョン達成までのキャッシュフローや

マーケティングも計画的に考えます

だから売上アップ、業績アップにつながる

ビジョンを考えることが直接的な要因ではないかもね

いかがでしょうか?

皆さんも将来の理想像を言語化してみませんか?

したいけどやり方がわからない

ビジョンも作りたいけど税金のことも知りたい

平井に直接、ビジョン、業績アップ、税金を相談したい

そんな方は今すぐ

042-860-7457

マトリックス町田相模原税理士事務所へ

対応エリアは

町田、座間、相模原、八王子、日野、海老名、大和、厚木

23区、緑区、南区、中央区、青葉区、川崎市、神奈川全域、東京全域です

 

 

 

 

町田、相模原の税理士が教える売上アップと業績アップ

皆さんこんばんは

税理士の平井です

町田市、相模原地域で売上アップと業績アップの専門税理士をやっています

弊所は

google/yahoo

の検索エンジンでターゲットワードを

「町田」「売上アップ」

「町田」「業績アップ」

「相模原」「売上アップ」

「相模原」「業績アップ」

で検索した場合1位です

※2020年1月25日時点

さて本題です

今日は業績アップ、売上アップの中でもキャッシュフローについてお話ししようと思います

中小零細企業の経営者の方がビジョンを考えた後

そのビジョンを実現するために必要なキャッシュフロープランを考える必要があります

つまり、ビジョンを実現するにはいくらお金が必要なのかを考えないといけません

このキャッシュフロープランが不完全なものであればもちろんビジョンの実現は

より難しいものになるでしょう

逆にいえばキャッシュフロープランがより正確に設定されていればいるほど

よりスピディーに社長のビジョン達成が可能になるでしょう

つまり、業績アップや売上アップにもつながります

弊所では、最初の面談でこのキャッシュフロープランについて

モデルプランを作成することがよくあります

このモデルプランを作成することにより

すでに事業を始めている方にはキャッシュフローの問題発見につながり

これから事業を始める方には、そもそもその事業が成り立つのかの指標

にもなります

このキャッシュフローのモデルプランを作成しながら

マーケティングプランについて考えていきます

これをすることにより売上アップ、業績アップにつながる要因の一つになります

キャッシュフロープランだけでは意味がありません

マーケティングのノウハウを取り入れることが非常に大事です

いかがですか?

会計業務をいくら頑張っても売上アップや業績アップにはつながりません

節税をいくら頑張っても本質的な経営改善はなにもできていません

つまり

あなたの事業の売上アップや業績アップを目指すなら

あなたの事業を加速させるなら

経営の本質的なところを改善する必要があります

そうするには経営コンサルティングのノウハウを取り入れるべきです

でも経営コンサルタントに依頼すれば高額報酬が気になりますし

中小零細企業には壁が高いように感じます

また経営コンサルタントは会計や税金のことは無知な可能せいが高く

正確な税金や会計を考慮できない可能性があります

では

経営コンサルタントが税理士の資格を所有しており

税理士報酬、コンサル報酬も高額でない場合

あなたはこんな税理士に相談してみたくありませんか?

相談したいと思ったあなたは今すぐ

042-860-7457

町田市、相模原市の

マトリックス税理士事務所へご相談ください

初回コンサル料60分無料です

 

 

 

 

 

 

 

 

町田、相模原の税理士事務所が確定申告、相談会のおしらせ

こんにちは

税理士の平井です

町田市、相模原を対応エリアとして税理士事務所を経営しています

さて、弊所マトリックス町田相模原税理士事務所では

確定申告の無料相談を受け付けています

但し以下の方に限ります

・お金をかけずに自分で確定申告にチャレンジしたい方

・事業所得に関する相談のみの方(不動産・株・年金等は受け付けておりません)

・国税庁のホームページから確定申告書を作成される方

・税理士にお願いするのはお金の面で不安だ

つまり商売をやっている個人の方で自分で確定申告を行いたい方、その中でも国税庁の

ホームページを利用して確定申告書作成されたい方限定で確定申告の無料相談を行います

ではこの会計事務所、税理士事務所の繁忙期になぜでわざわざ確定申告の無料相談を行うことにしたか

それにはこんな理由があります

・弊所で確定申告書の作成を行うには数に限度があるから

・より多くの納税者に対して何かの役に立ちたいから

・事業所得のお客様に税金だけでなく経営のアドバイスもしたいから

完全予約制で事業所得の無料相談を受け付けます

定員になり次第締め切ります(申し訳ございませんが弊所の都合によります)

必ずブログの確定申告の無料相談会の記事を読んだことを伝えてください

今回の確定申告の無料相談会はお一人様1時間とさせていただきます

そのため以下のように相談したい内容を絞ってご相談ください

・帳簿の書き方がわからない

・日々の取引を帳簿に書いたが、そのあと貸借対照表や損益計算書への記載方法がわからない

・貸借対照表と損益計算書までは自分で書くことはできたがそのあと、確定申告書の作成ができない

・確定申告書も自分で作ることができるか今後の売上アップや業績アップを目指したい

いかがですか?

確定申告書を自分で作成したいが上記のどこかで躓いている方

いますぐ042-860-7457

マトリックス町田、相模原税理士事務所へ

対応エリアは

町田市、相模原市、八王子市、大和市、海老名市、厚木市。、緑区、青葉区

日野市、多摩市

 

 

 

 

町田、相模原の税理士が教える確定申告、これは必要経費?

皆さんこんばんは

ガッチャです

町田、相模原地域の税理士です

今回も確定申告で勘違いしがちな経費についてですが

こんな質問をよくされます

ガッチャさん、妻名義の建物と土地があって自分の事業に使っているので

毎月5万円を妻に家賃として払っています

これって経費ですよねえ?

ガッチャもこれ経費にしたいのですがそうもいきません

これはただ奥さんに毎月5万円あげただけの良いご主人になります

それと逆にこんな質問があります

ガッチャさん、建物と土地を自分の事業に使っているのですが

よく考えると妻名義だったので経費にできません、残念です

残念ではありません

妻を生計一と考えた場合、この建物、土地に掛かる固定資産税、減価償却費は

経費になります

国税庁のホームページにはこう書かれています

不動産所得、事業所得又は山林所得を生ずべき事業を営む居住者と生計を一にする

配偶者その他の親族がその有する資産を無償で当該事業の用に供している場合には、

その対価の授受があったものとしたならば法第56条の規定により当該居住者の営む

当該事業に係る所得の金額の計算上必要経費に算入されることとなる金額を当該居住者の

営む当該事業に係る所得の金額の計算上必要経費に算入するものとする。

ちなみにここからは興味のあるかたのみ

法第56条とは

第五十六条 居住者と生計を一にする配偶者その他の親族がその居住者の営む不動産所得、事業所得又は山林所得を生ずべき事業に従事したことその他の事由により当該事業から対価の支払を受ける場合には、その対価に相当する金額は、その居住者の当該事業に係る不動産所得の金額、事業所得の金額又は山林所得の金額の計算上、必要経費に算入しないものとし、かつ、その親族のその対価に係る各種所得の金額の計算上必要経費に算入されるべき金額は、その居住者の当該事業に係る不動産所得の金額、事業所得の金額又は山林所得の金額の計算上、必要経費に算入する。この場合において、その親族が支払を受けた対価の額及びその親族のその対価に係る各種所得の金額の計算上必要経費に算入されるべき金額は、当該各種所得の金額の計算上ないものとみなす。

 

以上です

いかがでしょうか?

生計を一にする親族への必要経費についてご理解いただけましたでしょうか

もっと詳しく知りたい

うちも今回の事例にあてはまる

ガッチャから直接話をきいてみたい

こんな方は今すぐ

042-860-7457(初回60分相談無料)

マトリックス町田、相模原税理士事務所へどうぞ

対応エリアは

町田市、相模原市のみならず川崎市、横浜市緑区、横浜市青葉区、八王子市、日野市、

多摩市、23区、神奈川県全域

皆様のご連絡お待ちしております

 

 

 

 

 

 

 

 

町田・相模原のコンサル税理士が教える売上アップでしてはいけないこと

皆さんこんばんは

平井です

マトリックス町田・相模原税理士事務所で税理士をしています

冗談はさておき

この仕事に関わり従業員のころから本当に多くの経営者の方と接してきました

そしていつも思うことがあります

それは売上アップしている経営者の方があることを絶対にしていないということです

売上アップしている経営者の方が絶対していないことって何だと思いますか?

凄く簡単なことです

それは「決めつける」ことです

例えばこんな思考をもったことないですか?

・それは絶対にできない

・うちとは客層が違う

・お客様はこう思っているはずだ

どれか一つでも当てはまりませんか?

では逆に売上アップしている経営者の方には共通点があります

それは何だと思いますか?

これも簡単なことです

それは「素直」だということです

ある意味「決めつける」の逆「決めつけない」ことかもしれません

先ほどの例で言うと

・絶対にできない(問題点を見つけ、解決策を考える)

・客層が違う(ターゲットを見直す)

・お客様はこう思っているはずだ(お客様に聞いてみる)

()の中の思考がある経営者と無い経営者、あなたはどちらが売上アップできる

経営者だと思いますか?

殆どの方が同じ答えだと思いますが

でも「決めつける」経営者の方は非常に多いのが現実です

いかがですか?

もし「決めつける」志向をお持ちの経営者の方

「素直」な思考の経営者を目指してみませんか

そして売上アップを目指しませんか

でもどうしたら「素直」な思考の経営者になれるのかわからない

自分がどんな志向の経営者なのかわからない

そんな方は今すぐ

042-860-7457

マトリックス町田・相模原税理士事務所へ

初回60分コンサルティング無料

対応エリア

町田市・相模原市・大和市・川崎市・横浜市・23区全域・厚木市

八王子市・青葉区・緑区・座間市・神奈川県全域です

 

 

 

 

 

 

 

町田・相模原の税理士が教える。税金は払えばお金が残る理由

こんばんは

税理士の平井です

マトリックス町田相模原税理士事務所でスーシェフをしています

えっ、祥平がgakuに入るって?

面白くなってきたじゃん!

さて本題です

毎年新しい事業年度になると経営者の皆様は、

今期多くの利益を出すことを目標にするのではないでしょうか

しかし期末に近づくにつれて多くの経営者の皆様は、

期首に掲げた目標をすっかり忘れてしまい

利益を減らすことを考えます

そうするとこんなプロセスです

⓵利益がないと会社にお金が残らない(期首はそう思う)

⓶利益が出ると税金を払わないといけない

⓷利益を出して税金を払って、より多くのキャッシュを会社に残す

ではなく

⓸税金を払わないために利益を減らしたい(期末はこう考える)

⓹不必要なものを買ってでも税金を減らす

それでも納得できない場合

⓺節税の得意な税理士を探す(国内の中小企業の合法な節税なんて同じなのに)

かなり利益が出ているのに知り合いの社長は税金を払っていない

こんな話をよく聞きます

税務関係の仕事をしているとよく聞くでしょう

まあ特例を使うか違法か税理士の無知でしょう

全国の多くの税理士と話をする機会があります

そんな節税ありません

税理士皆がそんな節税は無いと口をそろえて言います

税理士ならみんな小さな会社の節税知識などほぼ同じでしょう

特例はみんな使っているので、そこでは差は出ないでしょう

違法な租税回避は税務調査で必ずばれます

加算税、延滞税を徴収されます

周りの社長たちが成功したと思っているスーパー節税は今のところバレていないだけです

つまりプロセス⓷

利益を出して税金を払って、より多くのキャッシュを会社に残す

を選択することが一番会社にお金が残る方法です

利益より高い税金はありません

税金を払ってキャッシュを残す

私の経験上

この考えを理解されている社長さんは資金繰りに苦労せず

会社に多くのキャッシュを残しています

いわゆる

お金持ちです

でも多くの社長がプロセス⓷を選ばない大きな理由が税金を減らしたい

以外にもう一つあります

そんな社長はこういいます

「もっと売上が増えれば税金を払ってキャッシュを残すよ」

つまり思ったほど売上がのびない

そんな売上がのび悩んでいる中で少しでもお金を残したい

冷静な思考ができなくなり

お金を使ってでも税金を減らしたい

違法かもしれないが税金を減らしたい

そんな税理士を探したい

となってしまいます

では、では、では

会社の売上アップに貢献ができる税理士が現れたらどうしますか?

冷静な思考がないときに、冷静な状態に引き戻してくれる税理士が現れたらどうしますか?

「そんなのいないよ」

たしかにこんなノウハウやスキルを習得するには

・莫大な量の学習

・莫大な量の訓練と実践を繰り返す

・センス

この三つ全部を必要とします

だから税理士には不可能と思われがちです

でも

そんな税理士がもしいたら会いたいと思う方は

今すぐ

042-860-7457

マトリックス町田相模原税理士事務所へ

初回60分無料です

対応エリアは

町田市、相模原市、大和市、座間市、厚木市、海老名市、川崎市、青葉区、緑区、横浜市全域、

23区全域、神奈川県全域、東京都全域、日本全域

海外はごめんなさい飛行機が怖いのでインターネット会議のZoomを使って行います

 

 

 

 

 

町田在住の相模原大好き税理士が教える業績アップと売上アップ

こんばんは

税理士の平井です

マトリックス町田相模原税理士事務所で税理士をしています

業績アップと売上アップを得意としています

でもでもでも

業績アップと売上アップって一緒じゃないの?

何が違うの?

よく勘違いされます

私見ですが業績アップの中の一つが売上アップだと思っています

売上があがれば、その他がどんな状態でも売上アップ

では業績アップとは何か?

売上が上がることも業績アップ

粗利が上がるのも業績アップ

営業利益が上がるのも業績アップ

当期純利益が上がるのも業績アップ

手持ちの現金が増えるのも業績アップ

つまり業績アップは会社が良い方向に向かう必要があります

売上が上がっても利益が下がることもあります

売上が上がっても手持ちの現金が減ることもあります

これでは意味がありません

つまり事業を継続させるには業績アップをさせる必要があります

業績のどの部分をアップさせる必要があるか

これは会社によって違うでしょう

売上が上がれば粗利も増えて、自然に手持ち現金が増える会社

粗利が低いため、単価を上げて粗利を増やせば手持ち現金が増える会社

粗利を増やす方法も単価を上げるだけではありません

このように業績アップとは何か一概には言えません

業績が上がらないスモールビジネスの場合、何かが足りません

でも何が足りないかを経営者は知りません

知れば解決策が見つかるかもしれません

では足りない箇所を発見し、解決策をみつけて、実行するにはどうするか

知りたくないですか?

知りたいですよね!

知りたい方は今すぐ042-860-7457

マトリックス町田相模原税理士事務所へ

初回60分無料コンサルをご利用ください

対応エリアは

町田市・相模原市・川崎市・大和市・横浜市・八王子市・海老名市

厚木市・座間市・神奈川全域・東京都全域・日本全域です

 

 

 

 

 

相模原が大好きな税理士が教える、売上アップのポイント

こんにちは

相模原が大好きな税理士の平井です

相模原が大好きな理由ですか?

それ聞く?

都内ほど道が混まない

以上

さて本題です

経営者の方なら誰もが興味を持っているのが売上アップのお話です

税理士だから節税の話をするんじゃないのとか

税理士だから資金繰りの話をするんじゃないの

もっと困るのが税理士だから売上アップなんて無理なんじゃないの

と思われがちですが

弊所、マトリックス税理士事務所は相模原市、町田市を本拠地としており

税務会計についてはもちろん

それ以上に、お客様の売上アップ、業績アップに力を入れています

YAHOO、google

どちらで検索しても

町田 売上アップ

相模原 売上アップ

町田 業績アップ

相模原 業績アップ

のワード

今日現在、

マトリックス町田相模税理士事務所のホームページ、ブログが1位です

コンサルティング会社や商工会議所などのホームページが1位ではありません

税理士事務所が1位です

普通ならこれらのターゲットワードで上位になりたいはずの

コンサルティング会社や商工会議所などが上位表示(SEO対策)

に力を入れそうですが

なんと税理士事務所が1位に表示されます(弊所マトリックス税理士事務所)

では、よく考えてみてください

もし、あなたの会社のホームページが

ある単語で検索すると

YAHOO、google

で1位に表示されたらどうなりますか?

問い合わせは増えませんか?

問い合わせが増えると売り上げはどうなりますか?

そうです

あなたの会社の売上はアップしますよね?

そうするとこんなことを聞かれます

「結構お金がかかるんでしょ?」

いいえ、無料です

ある1つのことをするだけ

これだけでYAHOO、googleで上位表示を獲得しています

いかがですか?

売上アップ・業績アップに興味を持っていただけましたでしょうか?

もし興味がございましたら

今すぐ042-860-7457 相模原大好きなマトリックス税理士事務所へ

初回60分相談無料です

 

 

 

 

 

 

 

町田相模原の税理士が教える税理士の選び方1、距離編

おはようございます

税理士の平井です

マトリックス町田相模原税理士事務所で税理士をしています

趣味ですか?

ラグ・ボール

ボクシング(撲針愚)

ラグビー(羅俱美韋)

です。

ブログ書き終えたら油風呂でゆっくりしたいです。

さて、

新規にお会いしたお客さんにこんなことを言われました

「どうやって税理士を選んでいいのかわからない」

「税理士の違いがわからない」

なので今日は税理士選びのポイントを書いてみます

1、近い(距離)で選ぶのは正解であり間違いでもある

距離を意外と税理士選びの要因にする人が多いですね

マトリックス町田相模原税理士事務所の場合ですと

他県や、他市の税理士に頼んでいた町田市、相模原市のお客様が

前の税理士に不満はなかったんだけど距離が遠かったので町田市や

相模原市、川崎市で税理士を探していた、という理由でお越しになる方

も多いです

近いとコミュニケーションがとりやすいからでしょうね

ただし、距離に関しては弊所にも町田市や相模原市、横浜市以外のお客様も

たくさんおります

じゃあなぜ距離があってもお客様と問題なくコミュニケーションがとれるのか?

弊所ではZOOM(無料のソフト、アプリ)を利用したウェブ会議を取入れています

中には、自分はパソコンやスマホが苦手だという方もいるでしょう

でもボタン一つ押す(クリック)だけなので誰でも利用可能です

(初期設定はこちらでやります)

ZOOMではスマホやパソコン画面に相手が映り、実際に対面しているかのように

会話することができます

また、お客様に見せたい税務資料や会計資料もお客様のスマホやパソコン画面に映して説明す

ることが可能です(試算表や法人税法、所得税法の条文や通達なども)

そのため、町田市や、相模原市、川崎市、横浜市以外の遠方のお客様でも

問題なく顧問の税理士事務所とコミュニケーションがとれます

ただし、平均年齢が60歳以上といわれる税理士業界、

このような時代の流れにそったITを取入れている事務所もまだほとんどございません

看板に大きくコンピューター会計と書いているところもあります(それが売り?)

コンピューターって言い方何よ(笑)

いまどきぱそこんつかわずきちょうしているじむしょがあるのかぎゃくにきになりますが

それはさておき

一般の業界ではいち早くITを取入れ日々、経営の合理化や効率化を図っていると思います

それが時代の流れですが

税理士事務所ではまだまだ時代の流れに乗れていないというのが現状です

つまり、いち早くZOOM対応ができるような税理士事務所は業務の合理化、効率化を考え

生産性を向上させている可能性が高いです

そのような税理士事務所はお客様への還元も高いはずです

自社が時代の流れにのった経営をしていないのにお客様に新しい考えを伝えることが

できませんからね

いかがでしょうか?

つまり近いという要素はこのようにITを使えば必要がなくなってしまいます

しかし、まだまだという税理士事務所とお付き合いをするには近いという要件も必要かもですね

じゃあ一度ZOOMを使った会議を体験してみたいという方

今すぐ042-860-7457

60分無料体験やっていますのでお気軽のどうぞ

コンビニ感覚でどうぞ!

マトリックス町田相模原税理士事務所

PCサイトスマートフォンサイト
閉じる