認定経営革新等支援機関町田市・相模原市のマトリックス税理士事務所

0428607457
ブログ

金融機関以外からの資金調達3

こんばんは、

 

今年の忘年会にむけてT-ARAの猫ダンスを一生懸命練習していたのですが思ったより早く覚えれそうだったのでマルモリダンスに切り替えた平井です

 

相模原・町田のマトリックス税理士事務所で税理士・融資コンサルタントをしています

 

今回もSP融資コンサルタント案件です

 

前回に続き金融機関以外からの資金調達のパート3です

 

急ぎで資金が必要になったとき、金融機関に融資を申し込んだとしても、すぐに実行

 

してもらえるとは限りません。金融機関のスタンスにもよりますが、通常は、2週間から1ヶ月かかります

 

そんなときに、すぐ資金調達ができる方法として、「データレンディング」や「契約者貸付」を紹介させていただきました。これらは、基本的には、「融資」です

 

今回は、融資ではなく、売掛金を使った「ファクタリング」という資金調達方法についてお伝え致します

 

  • ファクタリングとは

 

企業が保有している売掛金をファクタリング会社へ売却し、運転資金を早期に調達することです

 

早期に売掛金を売却し現金化することで経営上のキャッシュフローによる問題が素早く改善できます

 

融資ではない資金調達手段なので、財務内容が悪化することがないというメリットがあります

 

  • 通常のファクタリングのしくみ(3社間ファクタリング)

 

3社間ファクタリングとは、

  1. 企業がクライアント(売掛先)に商品を納入し、代金を請求
  2. 企業がファクタリング会社に売掛債権(売掛金)を売却
  3. ファクタリング会社から企業へ入金
  4. 支払期日に、クライアントからファクタリング会社に売掛金の支払い。という流れになっています

 

3社間ファクタリングは、売掛金を支払う「クライアント(売掛先)」に

 

「ファクタリングを利用するのでこの請求書の支払はファクタリング会社の○○に入金してください」

 

と同意を得る必要があります

 

  • 新しいファクタリングのしくみ(2社間ファクタリング)

 

2社間ファクタリングとは

 

  1. 企業がクライアント(売掛先)に商品を納入し、代金を請求
  2. 企業がファクタリング会社に売掛債権(売掛金)を売却
  3. ファクタリング会社から企業へ入金
  4. 支払期日に、クライアントから企業に入金された売掛金を、そのままファクタリング会社に支払いという流れになります

 

2社間ファクタリングでは、「売掛先への通知はしないかわりに、クライアントから入金

 

があった際、そのままファクタリング会社へ売却した売掛債権の金額を入金する」とな

 

っているので、取引先企業にファクタリングを利用していることを知られてしまうという

 

デメリットを防ぐことができます

 

  • クラウドファクタリング

この、2社間ファクタリングをオンライン上で行うのが、クラウドファクタリングです

 

クラウドファクタリングとは、AIを活用した、WEB完結型の2社間ファクタリングサービスです

 

AIを活用しているため、審査判断が速く、申込みから審査、入金まで、最短24時間で対応してくれます

 

資金化のスピードが速いため、売掛債権が多く、資金繰りに悩んでいる企業にとっては、使いやすいサービスになります

 

いかがでしょうか

 

自社でも使えそう、と思った方もおおいのでなないでしょうか?

 

是非参考にしてください

 

そうは言っても難しいかもと言う方はぜひマトリックス相模原・町田税理士事務所へお問い合わせください

 

神奈川県相模原市、東京都町田市の方はもちろん座間市、大和市、横浜市青葉区、八王子市、厚木市、綾瀬市、海老名市、川崎市、東京全域、神奈川全域、関東全域大歓迎です

 

また、遠方の方も全く問題なく対応できますので是非弊社マトリックス相模原・町田税理士事務所をご利用ください

 

初回相談無料

 

電話:042-860-7457

金融機関以外からの資金調達2

こんばんは、

 

忘年会にむけてT-ARAの猫ダンスを一生懸命練習中の平井です

 

マトリックス相模原・町田税理士事務所で税理士・融資コンサルタントをしています

 

さて今回は融資コンサルタント案件です

 

以前非常に反響が大きかった、金融機関以外からの資金調達のパート2です

 

急ぎで資金が必要になったとき、金融機関に融資を申し込んだとしても、

すぐに実行してもらえるとは限りません

 

金融機関のスタンスにもよりますが、通常は、2週間から1ヶ月かかります。

 

そんなときに、すぐ資金調達ができる方法があります

 

前回紹介した、「データレンディング」も、その一つの方法ですが、

 

今回は、多くの経営者が利用出来る可能性の高い資金調達方法についてお伝えいたします

 

契約者貸付制度

「契約者貸付」というのは、

 

「積み立て型生命保険の積立金の一部を貸し付けてもらえる制度」のことです

 

詳しく言うと

 

「生命保険の解約返戻金の範囲内でお金が借りることのできる制度」です

 

契約者貸付制度のメリット(1) 融資のスピードが速い

 

解約返戻金は、生命保険を解約した場合、戻ってくるお金のことです

 

すなわち、自分自身で積み立てているお金とも言えます

 

ですから、融資に関する審査がありません

 

その為、申し込んでから資金が送られてくるまでのスピードは、とても速いです

 

保険会社によりますが、融資を申し込んだ当日に、資金を送ってくるところもあります

 

契約者貸付制度のメリット(2) 金利が安い

 

これも、保険会社によって違いますが、カードローンや、消費者金融の金利に比べると、遙かに安いです

 

スピード重視の資金調達の場合でも、比較的安く、お金を借りることができます

 

契約者貸付制度のメリット(3) 返済日が決まっていない

 

銀行からの借り入れや、キャッシング・カードローンの場合は、毎月、一定の金額の返

 

済を求められますが、契約者貸付の場合は、保険の期間内であれば、

 

いつでも好きなときに返済することができます

 

逆の言い方をすれば、返済できなければ、いつまでも借りておくことができます

 

ただし、その場合は、金利が複利でかかりますから、お気をつけください

 

また、借入額と金利の合計が、解約返戻金の額を超えたら、保険が失効してしまうので、

 

この点についても、気をつける必要があります

 

多くの経営者は生命保険を契約していますが、契約者貸付制度を知らない経営者も意外と多いようです

 

資金繰りが厳しくなった場合、生命保険を解約するよりも、一時的に不足しているのであれば、契約者

 

貸付制度を利用したほうが有利となるケースは少なくありません。

 

詳しくは、生保会社の担当者にお尋ねください

 

いかがでしょうか

 

自分も使えるかも、と思った方もおおいでしょう

 

是非参考にしてください

 

そうは言っても自分ではちょっと難しいかも言う方はぜひ相模原・町田のマトリックス税理士事務所へお問い合わせください

 

日本ならどこでもお伺いできますご相談ください

 

海外は飛行機が怖いので近くならお伺いします

 

初回相談無料

 

電話:042-860-7457

 

 

PCサイトスマートフォンサイト
閉じる